さようなら、たっちゃん2号  2006年3月29日 水曜日

             たっちゃん2号、本日をもって引退となりました。
             走行距離175378km。
             13年間に渡る大活躍も、今日で終わりです。
e0039087_232172.jpg

             春と
e0039087_23211743.jpg

             小菊を乗せて、エッチラホッチラ龍田山へ通いました。
             ドッグランへも行きました。
e0039087_23212415.jpg

             桜の季節も
e0039087_2321321.jpg

             枯葉の秋も
e0039087_23214088.jpg

             雪の降る寒い冬も、たっちゃん2号はいつもそこにいてくれました。
e0039087_23214760.jpg

             もちろん、お買い物だって一緒です。
             駐車場で私を待っている、たっちゃん2号。お隣の車の立派なこと! 
e0039087_2322348.jpg

             私たちが結婚してすぐ、持っていたファミリアを下取りに出して購入した、たっちゃん2号。
             初代の竜田庵のワンコたち、ブッチやランを乗せて大分のお墓参りにも行きました。
             叔母の引越しの時には、体裁の良い弟の車や主人の車の何倍もの荷物を運び
             ランが亡くなる前には、その重い体を抱っこして乗せ、点滴を打ちに獣医さんにも通いました。
             たっちゃん2号の歴史は、私たち夫婦とワンコたちの歴史でもあります。
             そして、竜田庵の足となって13年間がんばってくれた、たっちゃん2号の
             最期のお仕事の時がやってきました。
             やっぱり、最期も龍田山へ・・・・・龍田山も桜でいっぱいです。 
e0039087_23221351.jpg

             何も知るはずもない春は緑の中で大はしゃぎ。
             
             「ウッシッシ~♪今日は池のそばまで行ってやるもんね~♪」
e0039087_23222554.jpg

             帰る前に最期の記念撮影。
             一緒に行った母の手が写っていますね♪
             ハ~イ♪春、笑って~♪
             
             「ハッハッハ~♪これでいい?」
e0039087_2322364.jpg

             家の駐車場に停めて、春を降ろそうとしますが・・・・・
             「お母さん、もっとドライブしようよ~♪」             
e0039087_23224444.jpg

             今日の今日まで1回の故障もしなかったし、今だって元気に走れるのに
             「車検」という壁に阻まれ、もう守ってあげることができません。
             今日まで現役だった、たっちゃん2号が明日には車屋さんが引き取りに来て
             廃車されてしまうのです。何ともないのに、廃車・・・
             
             次のたっちゃん3号が来るまでちょっと間が空くので、ここ数日間はたっちゃん2号を
             フル回転させて東へ西へと走り回っておりましたので、ブログもなかなかできず
             お返事&ご訪問&更新が、なかなかできませんでした、ごめんなさい♪

             たかが1台のオンボロな軽自動車を廃車する、そんな何のおもしろみもない記事を
             最期まで読んでくださって、ありがとうございました♪
             でもね、私は信じてるんです。
             物にだって、ちゃんと魂が宿るということを。

             だから・・・ありがとう、たっちゃん2号。そして、お疲れさまでした♪

                                        ☆別れゆく苦楽を分けし親友と


                         
e0039087_23225415.jpg

           今日の一言♪白ツメクサが咲きました♪
                    もうすぐこの土手も、白と緑のじゅうたんへと変わっていくでしょう。
                    で、この土手の向こうには・・・架橋下に張りめぐらされた柵が・・・
                    そして、その柵の上の方は有刺鉄線が・・・
                    有刺鉄線を見ると、子供の頃に見た「大脱走」という映画を思い出します。
                    スティーブ・マックイーンという俳優さんが、この有刺鉄線をバイクを走らせて
                    飛び越えようとするシーン。ナチスドイツの捕虜収容所から、脱走するシーンです。
                    映画の中の脱走はあえなく失敗に終わりましたが、その鮮やかなバイクを
                    操るシーンは大人になった今でも心に残っていて、今は亡き、その俳優さんの姿が
                    昨日見たように、生き生きとよみがえってくるのです。
                    ここ近年で見た映画で、すぐにそんな風に名場面が浮かんでくるようなものは
                    ひとつもありません。「制作費○○億ドル」などと言う、謳い文句につられて
                    見てみれば・・・・・
                    かえって地味な映画の方がおもしろかったりして♪
                    みなさんは、最近どんな映画を見て感動なさいましたか♪ 
e0039087_2323295.jpg

by myfamily-days | 2006-03-30 00:48 | ワンDAY


<< ワンコ警邏隊 春のガーデニング... ワンコかるた その3 (ことわ... >>