どうして犬が好きなのか 「真実を見通す瞳」 2006年9月29日金曜日

             ふふふ~~ん♪ 
e0039087_16593937.jpg

             朝晩はすっかり涼しくなってきましたね♪
             例によってお返事がまだなのですが・・・・・ごめんなさい・・・・
             更新もしばらくしていないので・・・・・その・・・・つまり・・・・更新させてくださいませ~~!!
             「たっちゃん、またかよ~~!!」
             「はいっ!!」

             と、かなりの強行突破での本日のテーマは、改めて我が愛犬を見つめながらの
             「どうして犬が好きなのか」であります♪
             ここに来てくださるみなさんも言わずと知れた、犬きちがい、いわゆる
             「犬ばか」でいらっしゃいますが、ふと考えてみることありませんか?
             「どうして犬が好きなんだろう?」
             たっちゃん、この頃もの思う秋のせいでしょうか、このことについてちょっと考えてみました。

             どうして、数ある動物の中からあなたが、たっちゃんが選んだのは「犬」なのでしょう?
             はっきり言って、犬を飼うのはハンパな気持ちじゃ飼えません。
             子犬の頃は何をやらかすかと目を離せないし
             大人のワンコになっても、愛犬が気がかりでお出かけもままなりません。

             「春も連れてけ~~~っ!!」

             と、出かけようとすると、どこにでもついて行こうとします。
e0039087_16594843.jpg

             いただきものを開けようとすると、そばについて離れないし・・・・・

             「ジャーキーかな?ビスケットかな?」
             「春、姫タラだったらいいなあ~~♪」

             ・・・・・・・全部、ちがいます・・・・人間用のクッキーです・・・・・ 
e0039087_16595748.jpg

             吠えたり、いたずらしたり、家具にキズをつけたり、夜中にオシッコにおこされたり・・・・・・
             何が良くてワンコかと思いたくなりますが
             でも、時折見せてくれるこんな笑顔が、そんないろんな難題を吹っ飛ばしてくれるんですよね♪

             竜田山にお散歩に行った時の、たっちゃんの母を見上げる小菊と春です。

             「お婆ちゃん、大丈夫~?」
e0039087_170797.jpg

             悲しい時、涙をなめてくれた天国のラン。
             夜明け前に出かけなければならなかった、たっちゃんを庭の隅で見送ってくれたブッチ。
             ブッチがお星様になった時、おかしな事ばかりして笑わせて慰めてくれた小菊。
             「どうして犬が好きなのか」考えてみれば、キリがありませんが
             もしも誰かに、その理由をたった1つだけあげるように言われたなら、たっちゃんは
             迷わずこれを挙げるでしょう 「真実を見通す瞳」

             「ちゃんと、わかってるんだから」
e0039087_1702341.jpg

             たっちゃんはこのワンたちの真っ直ぐな瞳を見る時、いつも心の奥まで見通されているような
             そんな気持ちがするのです。
             日々、人様のためになれる人間でいたい・・・・そう願いながらも・・・・
             知らず知らずのうちに、誰かを傷つけてはいないか・・・・・・
             何気ない会話の中で、自慢高慢な話しをしてないか・・・・・
             中途半端なまま、投げ出しているものはないか・・・・・

             「お母さん、私の目をみて!」
e0039087_17031100.jpg
  
             犬は平均12~13歳という短い命を精一杯生きます。
             飼い主を心から愛し、決して「裏切る」ということをしません。
             表裏がなく、心はいつも開かれたままです。

             「お母さん、ホントなの?」
e0039087_170426.jpg

             飼い主がまちがったことをしても、決してソッポを向いたりしません。
             でもその澄んだ「瞳」は、すべてを見通しているのです。

             「お母さん、すぐ帰って来るんだよね」
e0039087_1705345.jpg

             己の保身のために友達さえも平気で裏切る人間・・・・・
             何くわぬ顔でウソをつき、まわりの人間をだます・・・・・
             自分以外の命を軽んじ、平気で犬や猫を捨てたり、保健所に置いて行ったり・・・・・・

             たっちゃんに、小型犬2匹と暮らしている友人がいます。
             とても生き物に対しての愛情が深い人です。
             その友人が最近、親しくしていたお友達からひどい裏切り行為を受けました。
             あちこちでウソ八百の悪口を言われたその友人は、たっちゃんに決して相手の人を
             責めたり、悪く言ったりしないしないように言いました。

             「ふふ、オレは何だって知ってるんだぜ」       
e0039087_1712676.jpg

             傷つき、体調まで悪くしてしまったその友人は、自分の愛犬を抱きしめてこう言ったそうです。
             「お願いだから、ママのこと嫌いにならないでね・・・」

             嫌いになんて、決してなりません。
             だって、あなたの愛犬たちは、あなたがその子たちを愛する以上に、あなたのことを
             愛しているのですから。
             その子たちには「真実を見通す目」があるのですから♪

             たっちゃんは竜田庵のワンsに対して、いつも恥ずかしくない人間でいたいです。
             でも、それは生身の人間である以上とても難しいことなんですよね。
             「たっちゃんってさあ・・・・服のセンスは悪いし、垢抜けた冗談だって言えないけど
             人間だけは信じられるんだよね♪」
             いつかはこんな風に言ってもらえる、そんな人間を目指したいものです。

             「オレは、母ちゃんのことが好きだぜ♪」

             ・・・・・・ありがとよ♪
e0039087_1714012.jpg

                                   ☆曇りなき瞳に映る我が姿

             あなたは、あなたの愛犬の瞳を真っ直ぐに見ることができますか♪


          今日の一言♪この頃、ふと自分の口癖に気がつきました。
                   たっちゃん急なことが起こった時、驚いた時に「ウソでしょう~!!」って
                   言ってるんですね。庭の物干し竿で頭を打った時「ウソでしょう~!!」
                   ランのあの時も思わず獣医さんに「ウソ・・・でしょう・・・」
                   階段から転んだ時も、目の前で自動車事故が起こった時も思わずいつも
                   「ウソでしょう~~!!」
                   ・・・・・・ダメですね、こんな日本語・・・・・・
                   mackさんに叱られてしまいそう・・・・・

                   写真はブロ友のピュアさんちで教えてもらった・・・・・ええ~と・・・・
                   「サイコロステーキのにんにく炒め」でよかったでしょうか・・・・・
                   簡単なのに、とってもおいしかったです♪  
e0039087_1715169.jpg

by myfamily-days | 2006-09-29 18:59 | ワンコあれこれ


<< ワンDAY 30  「笑い上戸... リフレッシュでGO!!ただいま... >>