犬に飼い主の気持ちが伝わるか?  2006年6月4日 日曜日
             今日は、ちょっと路線を変えてこんなテーマで、お送りしたいと思います♪
             「犬に飼い主の気持ちが伝わるか?」
             前回の「お花とワンコのNG集」の時のように、じっとしていてほしいのに、好き勝手に
             動いたりするかと思えば、ワンコってどうかすると自分の言葉がわかってるんじゃ
             ないかって思えるほどの行動をとることがありますよね♪
             そこで今回は、竜田庵のデンと龍が最近見せてくれた、そんな行動を例にとって
             「ワンコに飼い主の気持ちが理解できるのか?」について、考えてみたいと思います♪
             お話しは2つあります♪
             はっきり言って、長いで~~す!

             ①急げ!急げ!
             これは先週のことです。
             竜田庵ではもうみなさんもよくご存知のように、ワンsを朝から3回に分けて
             お散歩に連れて行きます。そんないつも通りの朝1番のデンと龍のお散歩。
             朝陽の中へ軽快に走り出します♪ああ~~気持ちいい~~♪
             が、しかし!!お散歩の折り返し地点まで来た時、たっちゃんには、めずらしくお手洗いに
             行きたくなるという緊急事態が!大丈夫かな・・・・・?
             なんて考えても、近くには公園もないので、公衆トイレなどあるはずもありません!
             それでも最初のうちは余裕のたっちゃんでしたが・・・・・
             時間とともに迫り来る「go to お手洗い」の波!次第に大きくなっていきます!
             ダメ!!これはマジであぶない!
             こうなったらもう、我が家目指して急ぐより他に方法はありません!!
             おのずと足取りも速くなってくる、たっちゃん!!急がなければ!急がなければ!
             なのに、たっちゃんの心子知らず!!(こんな時に使う言葉か!!)
             いつものように草むらでニオイをかいだり、その度にオシッコをしたりしているデンと龍・・・・・
             いいわね、あんたたちは自由にオシッコができて!!
             そこでたっちゃん、ちょっとあせった口調で「あのね、今日はちょっと悪いんだけど
             急いでくれる?お母さん、お手洗いに行きたいの!」 
             どうせ言ったってわかっちゃくれないだろうとは思っていましたが、言ってみました、デンと龍に!
             しばし、母の顔を見上げる4つの黒い瞳・・・・・
             すると・・・・・うそ!うそでしょう~~~!!
             次の瞬間、デンと龍、わき目もふらずに歩き出したではありませんか~~!!
             ええ~~~っ!!うそ~~!!信じられない~~!!             
e0039087_2214373.jpg

             たっちゃんの前を寄り道もせずに、シャカシャカと小走りで急ぐデンと龍・・・
             違うよね、偶然だよね・・・・・そのうち、そこらへんの草むらにまた行っちゃうんだよね・・・
             半信半疑でまだ疑っているたっちゃん・・・・・
             しかし・・・・・
             デンと龍、無事家に帰り着くまで一度たりとも、いつものように草むらや電柱などで
             ニオイをかいだり、オシッコをしたりはしませんでした。 
e0039087_22141231.jpg

             おかげでお手洗いに間に合い、事なきを得た、たっちゃん♪
             お手洗いから出て腕時計を見ると、いつもより30分も早くお散歩が終わっていることを
             知りました。こんなことって、あるんだろうか・・・・・
             「お座り」と「待て」しかできない駄犬のデンと龍。
             でも、今日はこの私のあせる気持ちを察してくれた・・・・
             草むらでニオイをかいだり、草を食べたりしていつもはなかなか進まないのに
             私のあの言葉の後からは、ただのいちども寄り道せず、真っ直ぐ家を目指してくれた。
             なぜ?
             不思議な気持ちを抱きながらも、切羽詰った私の気持ちを察してくれた
             デンと龍が、心の底からかわいく思えた、そんな出来事でした♪

             「お母さん、間に合ってよかったねえ~♪」  
e0039087_22142045.jpg

             ②ごめんね、デン!
             朝から雨だった2~3日前。
             お昼前にようやく雨が上がって、晴れ間も見え出したのでお散歩に行くことに♪
             でも、時刻は午前11時半。もうけっこう温度が上がってくる時間です。
             どうしようかな・・・・夕方、行こうかな・・・・
             でも、デンと龍を見ればもうお散歩に行きたい気持ちがいっぱいで
             玄関の前で私を待っています。
             う~~ん、暑くならないかなあ・・・・
             外は強い風が吹いています。風のおかげでそんなに暑くはならないかも・・・
             でも、そんな安易な考えが大きなまちがいだったのです。
             最初は晴れたり、曇ったりをくり返していた空も、後には完全に晴れてしまい
             気温もかなり上昇してきました。6月のお昼の気温です。
             間で日陰に入り、お水を飲んで休憩をとりながら
e0039087_22142850.jpg
e0039087_22143654.jpg

             でも、この時にはもうデン、かなり暑さにやられてました。
             舌を出して、必死で暑さに耐えるデン。いちど日陰に入ると、なかなかそこから
             出ようとしなくなってきました。龍はといえば、全く正反対!元気、元気です。
             このままずっとここにいても、気温は上がる一方だし、でもデンをこのまま歩かせたら
             熱中症にさせてしまうかも、いや、確実に熱中症になるにちがいない・・・・・
             完全に私の判断ミスでした・・・・
             今、自分の不注意から、大切なデンを危険な目に合わせている・・・・・
             デンが熱中症になってしまう・・・・・
             どうしよう・・・・どうしたら・・・・・
             その時、残された道はたったひとつしかないことに気づきました。
             「さあ!行くぞ~!!」
             私はデンを抱え上げました。
             「龍、頼んだよ!」龍、私の顔をじっと見上げていました。
             左手にデンを抱え、右手に龍を引いて、私は木陰を後にしました。
             急がなくちゃ!デンを熱中症なんかにさせるものか!
             もしも、他人様がこの時の私たちを見たら、きっと奇異な目をされたことでしょう。
             2匹の柴犬を1匹は抱き、1匹は引いてるなんてめったに見ない光景でしょうから・・・・
             7kg弱とはいえ、片手で抱えるには重いデンの体重。
             こんな時、片方の龍にいつものように好き勝手に行かれたら、たまったものではありません。
             でも・・・・・またまた奇跡が・・・・・
             龍、いちども教えたことがないのに、私の右横にぴたりと「付け」をしながら
             リードを引っ張ることもなく、歩いているではありませんか!
             うそ・・・・信じられない・・・・・
             先にお話した、お手洗いの時のように今度もまた私の気持ちを察してくれたのでしょうか?
             とにかくありがたい気持ちになりながら、私は流れる汗を拭く手もなく
             デンを抱えて歩き続けました。(デン、がんばるんだ!)
                         
e0039087_22144541.jpg

             と、家まであと10分くらいという場所まで来ると、デンが私の顔を振り向き
             おろしてくれという動作をするので、大丈夫かなと思いながらも、デンを道路に
             おろしてみました。
             すると・・・・・
e0039087_2215986.jpg

             しばらく私に抱かれて、元気を取り戻したのでしょうか。
             デン、また元気に歩き出したのです!
             はあ~~よかった!!
             それから家に帰り、急いで陰で休ませ水を飲ませました。
             熱中症の症状が出ているようなら、以前本で読んだように濡れタオルで覆ってあげるとか
             水をはった湯船に体ごとつけるとかしなければと、デンを観察しましたが
             驚いたことに、先ほどの木陰から出てこようとしなかった時とは比べ物にならないほど
             元気なデンがそこにはいました。
             はあ~!ひどいことにならなくて、良かったあ!!
             どっと安堵のため息が・・・・
             今回も龍がなぜかおりこうさんにして、私の横をピタリとついて来てくれたこと。
             みなさんのワンちゃんのように、いい子ならそんなことって当たり前なのかもしれませんが
             うちのワンsは常日頃から、適当な躾なので散歩の時にはまちがっても「ツケ」なんて
             できたことなんてないんです。第一、教えてないのですから・・・・・
             龍、私がどうしてほしいか理解してくれたのでしょうか?
             信じられないけど・・・・・

             デン、ご覧の通り、もうすっかり元気です♪
             ごめんね、デン・・・・・  
e0039087_22152024.jpg

             「デヘへ・・・オレ、母ちゃんに抱っこされたあ!カッコわり~!!」

             そんなことないよ!悪いのはお母さんの方なんだから!
e0039087_22153074.jpg

             「抱っこされたこと、リリィちゃんには内緒だよ・・・デヘ♪」

             もちろん、誰にも言わないよ♪
e0039087_22154158.jpg

                                 ☆絆より生まれし奇跡にただ感謝

             今回、この2つの事件(?)で、たっちゃんはワンコにも飼い主の気持ちが伝わるんだと
             言うことを確信しました。言葉に出さなくても、わかってくれる。
             たっちゃんのために、寄り道もせずに家まで突っ走ってくれたこと。
             デンの危険な状態にわがままも見せず、横にピタリとついて歩いてくれた龍。
             日ごろはアホだ、アホだと思っていただけに、奇跡のような行動を見せてくれた
             このデンと龍に、ただ、ただ、感謝のたっちゃんなのでした♪
             みなさんも大なり小なり、同じような経験されたこと、きっとあるとたっちゃんは
             確信しているのですが♪いかがでしょうか♪

             今回は写真も少ない上に、ダラダラと長い文章になってしまいました。
             なのに、最後まで読んでくださった方、本当にありがとう♪
              





e0039087_22155384.jpg

          今日の一言♪例の子飼商店街でかわいいハギレを見つけました♪
                   左の柄の布は980円を500円に、右のは380円を100円にまけて
                   くださったので即、購入~~♪
                   ↑の写真のクッションが汚れてきたので、これでカバーを作ろうかな♪
                   しかし・・・・家庭科は苦手だった、たっちゃん・・・・・
                   いつできることやら・・・・・
by myfamily-days | 2006-06-05 01:31 | ワンコあれこれ


<< ワンコのお気に入りの場所  2... 花とワンコたち♪  2006年... >>