やっとやっとのブログ再開です~~♪

          みなさんお元気ですか~!!
          長くお休みしてしまい、本当にごめんなさ~い!!
          お久しぶり~の1枚は、我が家のピンクレディのお尻から~♪
e0039087_1355394.jpg
     
          お久しぶりになってしまった理由も、ぼちぼち書いてまいりますが
          まずは、我が家のワンズの現在の様子からお伝えさせていただきたいと思いま~す♪

          鬼ドンのお休みの日、デン、龍、春、華菜のみんなでちょっと遠くまでお散歩に行きました。
          「お花がきれいだよ~~♪」
          喜ぶ華菜と春です。
          華菜2歳、春が4歳になりましたよ~~♪
e0039087_1355477.jpg

          「ふっ♪俺はガキとはちがうんだぜ」
          すました顔のデンさんです。男盛りの5歳です。
e0039087_13555662.jpg

          「もぅ~~!!早く行こうよ~~!!」
          気が急いていますね、龍です。同じく5歳になります。
e0039087_1356649.jpg

          華菜と春がついて来ると、いつものペースが乱れてしまうのでデンと龍は本当は嫌なんですけどね。
          農業用の用水路には田んぼに水を送るため、水が流れています。
          「あっち~~!!のど渇いたぁ~~!!」
          お水持って来てるから、もう少し待ってね。
e0039087_13561388.jpg

          しかし、たっちゃんの言うこともきかず、水を飲もうと用水路に身を乗り出すアホなワンズ。
          危ないよ~!!落ちちゃうよっ!!
e0039087_13562112.jpg

          柴犬とは言え、小柄な竜田ワンズ。がんばってみても届くはずもなく・・・・・・・
          「ダ~メだあ~~」
          あきらめて、ペットボトルの冷たいお水を飲みました。
e0039087_13563047.jpg

              さて、何度も膿んで困っていた皮膚を、手術で取り除いた小菊さんですが・・・・・・

              「どうだ~~!!すごいだろ~~!!」
e0039087_13563952.jpg

          見る方によっては、ちょっと過激かなと思われましたので、少し小さめな写真でアップさせていただきました。
          取った範囲がけっこう広くて、縫った長さが15cmくらいになってしまったのですが
          下の2週間後の抜糸に撮った写真を見ていただければわかるように、その後の快復はめざましく
          獣医さんから
          「おお~!!小菊ちゃん、快復が早いねえ!!もうこんなに毛がのびたんだねえ」
          聞けば、小菊の場合、手術時に剃った毛ののび具合は他の子の1ヶ月分くらいに
          相当するらしいのです。う~ん、13歳の婆さんワンコなのにびっくり~!!
          とにかく、取り除いた部分の検査結果もガンなどではなく、こわい病気の心配もなくなったので
          ホッとひと安心の鬼ドンとたっちゃんなのでした。
e0039087_13564874.jpg

          手術前よりよけいに元気になったような小菊・・・・・・・
          晩御飯が遅いと怒っています・・・・・・・・
e0039087_1357152.jpg

          小菊にひと安心の竜田庵に、またまた心配事が~!!
          こちら、ワンコ警邏隊隊長のデンさんですが・・・・・・・
          (写真は散歩の順番を待ちきれずに、勝手に階段を降りているところです)
e0039087_13571277.jpg

          2週間ほど前、ありえないことですがデンが御飯を残し、散歩の途中で歩けなくなってしまったので
          獣医さんに連れていったところ、感染性の腎炎だと診断され、手術こそなかったものの
          これまた血液検査、尿検査、1日預かりで点滴、注射と病院メニューのオンパレード。
          尿を顕微鏡で映したパソコンの画面の中では、何やらチョロチョロと動く物が・・・・・・・
          そう!!これぞまさしく、デンの元気を失わせている元凶、細菌のヤツラであります!!
          よって、先に書いたように、1日中かけて点滴で細菌をたたき、注射を打ち、お薬を飲むこととなったデン。
          それにしても元気者で小心者のこのお方、点滴が済む夕方に迎えに行けば
          案の定、点滴をはずす時には大暴れ!!
          恐がるデンを抱いているたっちゃんには、恐怖のあまりオシッコを漏らし
          点滴をさしていたラインを抜こうとする先生には、注射針が抜けるか抜けないかのうちにキックをくらわし
          そこらじゅうに真っ赤な血をまき散らし、犬のくせに鳥のように高らかと
          「ギエ~~~~ッ!!」
          と奇声を発するものだから、治療室からデンを抱えて出て来た時には
          中で何が起こっているのかと、待合室で我が子を抱いてかたまった飼い主さんたちが
          まるで化け物を見るかのような目で一斉に注目!!
          オシッコに濡れた制服でデンを抱えたまま会計を済ませ、我が家に着いたら直行でシャワーを浴びた
          たっちゃんなのでした。
e0039087_13572998.jpg

          先日の血液検査では正常値ではあったものの、腎臓の値は今後も注意した方が良いとのこと。
          1ヶ月後にまた検査です。

          小菊にデン、実はこれに加えて萌さんにも命にかかわる手術があったのですが
          これをお話しするとまたまた長くなってしまいますので、それはまた後日ということで。
          病気続きの竜田庵にとどめをさすように、たっちゃんの母が腰を悪くしてしまい
          通院や日常の生活も手助けが必要な事態になり、時間に追われる日々のたっちゃん。
          でも幸い、母の腰もこの頃ようやく痛みがなくなってきて、自分の身のまわりのことぐらいは自分でできるように
          なってきたので、我が家もどうやら落ち着きを取り戻しつつあるところです。

          あれこれとありましたが、これくらいで済んで良かったのだと思うことにして
          心新たにブログの再スタートです。
          写真がたくさんありますので、たくさん更新できればいいなとパソコンをたたきながら思っているたっちゃんです。
          長くなってしまったのに、ここまで読んでくださったみなさん、本当にありがとう!!
          これからもお時間があったら、竜田庵ブログをのぞいて行ってくださいね~♪

          さて、次回の更新はいよいよ舞ちゃん、心ちゃんのアジリティです!!
          お楽しみにっ!!

          pockyちゃんオフ会のお返事も書かせていただきました。
          こんなに遅くなってしまい、参加されたみなさんやコメントをくださったみなさんには
          申し訳ない気持ちでいっぱいです。
by myfamily-days | 2009-06-04 15:07 | ワンコあれこれ


<< 2009 アジリティ in 原... 元気です♪ >>